中国には、朝鮮半島にルーツを持つ「朝鮮族」と呼ばれる約180万人の人々が暮らしている。その大多数が歴史的経緯により中国国籍を持っているが、北朝鮮国籍を持つ「朝僑」と呼ばれる人々も3000人ほど存在する。

彼らは「在中朝鮮人総連合会」を結成し、北朝鮮に忠誠を誓っている。中には当局に協力して、命からがら中国に逃れてきた脱北者を密告する役割を請け負っていた者もいた。そうしたことから彼らは、脱北者からも朝鮮族からも漢族からも蛇蝎のごとく嫌われ、ひどい言葉で罵られる存在だ。

ところが近年、彼らの北朝鮮離れが徐々に進んでおり、北朝鮮当局の指示に従わない人が多くなっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。