北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は17日、日本の植民地支配を非難する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は「日帝の朝鮮占領がなかったならば、わが民族がこんにちまで経ている胸痛む国土分裂の悲劇もなかった」と指摘。

さらに「(日本が)誠実に謝罪し、正しい清算をするのは法的・道徳的・国際的義務である。しかし、日本はこれにあくまでも顔を背けてこんにちまでも誠実な態度を見せていない」と主張した。

そのうえで「代を継いででも、日帝が朝鮮民族に働いた希世の罪悪の代価を最後まで決算しようとするのは、われわれの揺るぎない不変の意志である」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。