北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は3日、韓国が米軍の最新鋭高高度迎撃システム(THAAD 〈サード〉)の配備を決定したことに対して、「朝鮮半島がまたもや列強の角逐戦の場になりかねない危険が生じるようになった」と主張する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は「最近の事態は、南朝鮮に対する米国の絶え間ない武力増強策動によって朝鮮半島で核戦争が勃発しかねない深刻な状況が醸成されているということを示している」と主張。

さらに「南朝鮮に対する武力増強は、アジア太平洋重視政策を通じて世界制覇を夢見る米国がその実現のために戦略的要衝である朝鮮半島を核戦争の場にすることもためらっていない」としながら「山河が十回、百回変わり、歳月が千年、万年流れても、朝鮮民族に甚だしい恥辱を残した20世紀の受難の歴史は絶対に繰り返されてはならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮に対する米国の武力増強策動を暴露、糾弾

【平壌8月3日発朝鮮中央通信】3日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、朝鮮の軍隊と人民は南朝鮮に対する米国の絶えざる武力増強策動を絶対に黙認せず、南朝鮮と周辺にあるすべての侵略的軍事基地を根こそぎにして地域と世界の平和と安全を守る歴史的使命を果たしていくと強調した。

論説は、米国が南朝鮮と周辺に核戦略資産を大々的に投入していることについて暴露し、看過できないのは最近、米空軍が原爆を投下できる超音速戦略爆撃機B1Bをグアムに前進配備することにしたことだと明らかにした。

最近の事態は、南朝鮮に対する米国の絶え間ない武力増強策動によって朝鮮半島で核戦争が勃発しかねない深刻な状況が醸成されているということを示していると主張した。

南朝鮮に対する米国の「THAAD」配置策動によって、朝鮮半島の南は諸大国間の葛藤と摩擦の渦巻きの中に陥り、朝鮮半島がまたもや列強の角逐戦の場になりかねない危険が生じるようになったと指摘した。

南朝鮮に対する武力増強は、アジア太平洋重視政策を通じて世界制覇を夢見る米国がその実現のために戦略的要衝である朝鮮半島を核戦争の場にすることもためらっていないということを示すと暴いた。

論説は、山河が十回、百回変わり、歳月が千年、万年流れても、朝鮮民族に甚だしい恥辱を残した20世紀の受難の歴史は絶対に繰り返されてはならないと強調した。

    関連記事