北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は1日、米国に対して「朝鮮半島に新しくつくられた戦略的環境と大勢の流れを直視して分別のある行動を取る方がよかろう」と警告する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「米国が変化した朝鮮半島の現実をあくまで否定し、共和国に言い掛かりをつけて狂いたつのは盗人猛々しい意地悪な妄動である」と糾弾。

さらに「米国は久しい前から、全朝鮮半島を非核化すべきだというわれわれの要求に顔を背け、自国の強迫に屈服しないとして共和国に対する核脅威・恐喝を絶えずこととしてきた」と非難した。