北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は28日、「日本は破廉恥な国」と非難する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、ドイツが約100年前に行ったナミビア集団虐殺事件(ヘレロ・ナマクア虐殺)について謝罪する方針を固めていることを引き合いに出しながら、「(日本は)それとはあまりにも大きく異なる破廉恥な国」と糾弾した。

また「日本の反動層は自分らが働いた過去の罪悪に対して一度も心から謝罪したことがなく、むしろ執ような歴史わい曲策動によって被害諸国のこみ上げる憤怒だけをかき立てた」と強調。