北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は28日、「日本は破廉恥な国」と非難する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、ドイツが約100年前に行ったナミビア集団虐殺事件(ヘレロ・ナマクア虐殺)について謝罪する方針を固めていることを引き合いに出しながら、「(日本は)それとはあまりにも大きく異なる破廉恥な国」と糾弾した。

また「日本の反動層は自分らが働いた過去の罪悪に対して一度も心から謝罪したことがなく、むしろ執ような歴史わい曲策動によって被害諸国のこみ上げる憤怒だけをかき立てた」と強調。

さらに、「日本軍性奴隷関連資料の世界記録遺産登録の申請まで各方面から妨げた」としながら、「機会が生じれば自分らの大陸侵略をまたもや再現して20世紀に遂げられなかった『大東亜共栄圏』の昔の夢をなんとしても実現してみようとするのがまさに、日本の反動層の下心である」と非難した。

朝鮮中央通信の報道は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 罪悪の歴史を否定する日本には将来がない

【平壌7月28日発朝鮮中央通信】先日、ドイツ外務省の代弁人は110余年前にナミビアで強行された原住民らに対する殺害事件を大虐殺と規定し、謝罪する問題が討議中であるということを公開した。

一世紀がはるかに過ぎたこんにちになってドイツは自国の歴史的犯罪に対して公式に是認し、被害者らに謝罪の意を表することにしたのである。

28日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、しかし、それとはあまりにも大きく異なる破廉恥な国があるとし、それがほかならぬ日本であると糾弾した。

論評は、日本の反動層は自分らが働いた過去の罪悪に対して一度も心から謝罪したことがなく、むしろ執ような歴史わい曲策動によって被害諸国のこみ上げる憤怒だけをかき立てたと暴露した。

また、最近も、アジアと欧州諸国の民間団体が提起した日本軍性奴隷関連資料の世界記録遺産登録の申請まで各方面から妨げたことについて暴いた。

そして、過去の日帝の特大型反人倫的犯罪をあくまでも否認する日本の反動層の目的は火を見るより明らかであるとし、次のように強調した。

日本を加害者ではなく、「被害者」に変身させて自分らの過去の罪悪の歴史を永遠に覆い隠す一方、いったん、機会が生じれば自分らの大陸侵略をまたもや再現して20世紀に遂げられなかった「大東亜共栄圏」の昔の夢をなんとしても実現してみようとするのがまさに、日本の反動層の下心である。

これは、日本の反動層の悪らつな歴史わい曲策動が単に過ちを認めるか、認めないかという問題に限られるものではなく、今後、日本を軍国主義の道へと導いて海外侵略の野望をなんとしても実現しようとする深刻な政治問題になるということを物語っている。

正義と真実を願う人類の良心に逆らい、罪悪の歴史を否定する者には将来がない。

    関連記事