東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に出席するためラオスの首都ビエンチャンを訪問している北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は26日、記者会見を行い、「われわれがさらなる核実験をするかどうかは全面的に米国の態度にかかっている」などと主張した。

24日にラオス入りした李外相が、記者団を前に北朝鮮の立場を説明したのは初めて。

同外相は、朝鮮半島情勢は米国の敵視政策により悪化していると指摘。「6カ国協議は朝鮮半島の非核化のために発足したものだが、朝鮮半島の非核化そのものが米国によって空に飛ばされた」と述べた。

米国の同盟国も「標的」

また、金正恩党委員長が5月の朝鮮労働党大会で、米国が北朝鮮に対する敵視政策を撤回し、休戦協定を平和協定に転換させ、韓国からすべての武力を引き上げるべきと主張したことに触れ、「これがわれわれとしては(緊張緩和の)唯一の方法と考えている」と話した。

国連安全保障理事会の制裁決議については、「もし(核実験が)脅威になるなら、核実験を行ったすべての国が(同じ)扱いをされるべきだ。しかし、われわれに対してだけ、そのような決議が出た。それをどうやって認めるか」と反発。

韓国との関係については、「対話と交渉のためさまざまな提案を行ったが、断られた」として、緊張の原因は韓国側にあると主張した。

一方、「米国の核戦略資産が持ち込まれ、核保有国の米国の武力がある場合、そのような対象については(核攻撃の)標的になり得る」「責任ある核保有国としてわれわれが実質的な脅威にさらされない限り、核保有国から侵略される脅威にさらされない限り、むやみに使わない」などと話し、核兵器開発は米国との対決が目的であり、米国の同盟国も攻撃対象になりうることを示唆した。

    関連記事