人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

国連安全保障理事会の制裁決議については、「もし(核実験が)脅威になるなら、核実験を行ったすべての国が(同じ)扱いをされるべきだ。しかし、われわれに対してだけ、そのような決議が出た。それをどうやって認めるか」と反発。

韓国との関係については、「対話と交渉のためさまざまな提案を行ったが、断られた」として、緊張の原因は韓国側にあると主張した。

一方、「米国の核戦略資産が持ち込まれ、核保有国の米国の武力がある場合、そのような対象については(核攻撃の)標的になり得る」「責任ある核保有国としてわれわれが実質的な脅威にさらされない限り、核保有国から侵略される脅威にさらされない限り、むやみに使わない」などと話し、核兵器開発は米国との対決が目的であり、米国の同盟国も攻撃対象になりうることを示唆した。

    関連記事