北朝鮮が19日、日本海へ向けて弾道ミサイル3発を発射した。また、5回目の核実験を準備しているかのような動きも見せている。

これについて、主要メディアは揃って、「米韓は北朝鮮の弾道ミサイルに備え、高高度迎撃ミサイルシステム『THAAD(サード)』の在韓米軍への配備を決めており、これに反発した可能性がある」との解説を掲げている。

米軍が「斬首」の脅し

確かに、北朝鮮メディアは連日のようにTHAADの配備を非難している。しかし実際のところ、北朝鮮のミサイル発射や核実験は「反発」から行われているわけではない。

    関連記事