朝鮮マネー・ロンダリングおよびテロ資金支援防止のための国家調整委員会の副委員長がマネー・ロンダリング防止に関する金融行動グループの議長に手紙

【平壌7月16日発朝鮮中央通信】朝鮮マネー・ロンダリング(資金洗浄)およびテロ資金支援防止のための国家調整委員会副委員長である中央銀行の金千均総裁がマネー・ロンダリング防止に関する金融行動グループのフアン・マヌエル・ベガ・セラノ議長に13日、手紙を送った。

手紙は、マネー・ロンダリング防止に関する金融行動グループの前議長の2016年6月30日付の手紙を受けて朝鮮問題において現実を甚だしくわい曲し、特定の国々の利害関係だけを代弁する同グループ側の不公正な行為について失望感を禁じ得ないと明らかにした。

    関連記事