かつての北朝鮮では、ほとんどの商品が国営工場で作られていた。ところが、90年代末の大飢饉「苦難の行軍」で、サプライチェーンが崩壊し、工場の多くが開店休業状態に追い込まれた。

そのため、現在の北朝鮮の市場で売られている商品のほとんどは、中国から輸入したものか、個人の零細業者が製造したものだ。

ところが、北朝鮮当局はこれら業者の取り締まりに乗り出したと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

「資本主義はダメ」

北朝鮮では、自宅に工場を構え、家族総出で菓子や衣類を作り、市場で売って生計を立てている人が大勢いる。人手が足りない時は、行き場のないコチェビに声をかけ、住み込みで仕事をさせることもよくある。