北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部砲兵局は11日、重大警告を発表。韓国政府が米軍の最新鋭高高度迎撃システム(THAAD 〈サード〉)の配備を決定したことに対して、「物理的な対応措置を実行する」と威嚇した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

声明は「『THAAD』システムがわれわれの『核、ミサイルの脅威』に対してのみ運用される『防御的手段』ということだ」としながら、「わが軍と人民が保有するすべての武装装備は、わが国の平和と民族の安全を守るための正義の自衛的手段である」と主張した。

さらに「正義を脅かすこの世界のすべての不正義を罰するためのわれわれの自衛的措置は、強盗米国と敵対勢力を全て消し去るまで続くだろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文(編集部訳)は次のとおり。