北朝鮮の祖国平和統一委員会の代弁人(スポークスマン)は10日、朝鮮中央通信社記者とのインタビューを通じて「朴槿恵一味が『北のテロ可能性』をけん伝して同族対決策動にさらに熱を上げている」と主張した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

スポークスマンは、韓国の朴槿恵大統領が、国務会議で「北のテロ行動が迫っている」と述べたことに対して「生意気なたわごと」と指摘しながら、「かいらい一味が途方もなく『北のテロ』説をけん伝しているのは、われわれに対するもう一つの重大な政治的挑発であり、極悪非道な対決妄動である」と糾弾した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。