人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

盗伐団は斧や鎌を持っているが、山林保護員は武装していないため、やられてしまうのだという。

昨年末、道内の中江(チュンガン)郡長城里(チャンソンリ)で、パトロールに出た山林保護員が行方不明になる事件が起きた。現場のすぐそばを流れる川を渡れば中国。当局は、山林保護員が脱北したものと思い込み、家族を脅迫するなどひどい扱いをした。

ところが、雪解け後の今年3月に、現場付近で遺体が発見された。盗伐団に襲われたものと思われる。

また、2009年にも、薪を切っているのを咎められた老人が山林保護員を襲ったが、反撃されて意識不明の重体に陥る事件が起きるなど、枚挙に暇がない。

(関連記事:薪を切っていた老人、山林保護員を襲う

高すぎる罰金

盗伐団とは言っても、そのほとんどは薪を切りに山に入った一般の住民だ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

    関連記事