人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

両江道(リャンガンド)の内部情報筋によると、事件が起きたのは6月19日のこと。道内の三水(サムス)郡番浦里(ポンポリ)で、担当区域のパトロールに出かけた山林保護員が行方不明になった。保安局(警察)は遭難したものと見て、軍と合同で山中を捜索したが、6月24日に遺体となって発見された。

遺体には鎌と思われる凶器で切られた傷があったため、保安局は殺害されたものと断定し、捜査に乗り出した。しかし、証拠や犯人に繋がる手がかりが一切見つからず、捜査は難航している。

同様の殺人事件は4月中旬に、雲興(ウヌン)郡の日建(イルゴン)労働者区でも起きているが、犯人はまだ捕まっていない。

老人が襲撃

慈江道(チャガンド)の内部情報筋によると、山林保護員は、盗伐団に襲われることがしばしばある。

    関連記事