北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は29日、米国が国際的な反共和国圧迫の雰囲気を醸成していると糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は「(米国が)われわれの首脳部を狙った『斬首作戦』『平壌占領作戦』などを唱えてわれわれを攻撃するための核戦争演習を絶えず繰り広げているのがほかならぬ脅威である」と指摘。

そのうえで「われわれは今後、われわれの自衛的核抑止力を米国の対朝鮮敵対行為が強行されるだけに連発的に、多発的に、質量共にいっそう強化することになるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。