北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は29日、米国が国際的な反共和国圧迫の雰囲気を醸成していると糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は「(米国が)われわれの首脳部を狙った『斬首作戦』『平壌占領作戦』などを唱えてわれわれを攻撃するための核戦争演習を絶えず繰り広げているのがほかならぬ脅威である」と指摘。

そのうえで「われわれは今後、われわれの自衛的核抑止力を米国の対朝鮮敵対行為が強行されるだけに連発的に、多発的に、質量共にいっそう強化することになるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省の代弁人、国際的な反共和国圧迫の雰囲気を醸成しようとする米国を糾弾

【平壌6月29日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは29日、次のような談話を発表した。

われわれの自衛的な国防力強化措置に言い掛かりをつけて国際的な反共和国圧迫の雰囲気を醸成しようとする米国の敵対行為が引き続き悪らつに強行されている。

米国がわれわれの地対地中・長距離戦略弾道ロケット「火星10」の試射に対していわゆる「挑発」「脅威」「違反」などと言ってむやみに言い掛かりをつけているが、実際にわれわれに挑発と脅威を加え、国際法を乱暴に違反しているのはほかならぬ米国自身である。

米国が「ミシシッピ」号原子力潜水艦とB52H戦略爆撃機をはじめとする数多くの戦略資産を南朝鮮とその周辺に投入しているのがまさに挑発であり、われわれの首脳部を狙った「斬首作戦」「平壌占領作戦」などを唱えてわれわれを攻撃するための核戦争演習を絶えず繰り広げているのがほかならぬ脅威である。

われわれがすでに国連事務総長に送った手紙で明らかにしたように、核実験と弾道ロケット発射が世界の平和と安全に対する脅威になると規制した国際法がいったいどこにあるのかということである。

米国が国連憲章と国際法を乱暴に違反し、われわれに対する核脅威と挑発を絶えず強行していることに対応してわれわれが核抑止力強化の措置を連続的に講じているのはあまりにも当然かつ正当な自衛的措置となる。

米国がホワイトハウスと国務省、国防総省を推し立てて騒ぎ立てたが国際的な呼応を受けられず、むしろ冷遇を受けているのもまさに、このためである。

このようになると、米国は追随諸国を推し立ててわれわれの地対地中・長距離戦略弾道ロケットの試射を「懸念」する国際的なキャンペーンを繰り広げている。

これに一部の国々が乗せられて定見もなしにあいまいに行動しながらいわゆる「立場発表」劇を演じているのは実に哀れである。

これは、主権国家の体裁も守れない仕打ちであり、朝鮮半島の平和と安全の保障にも全く役立たない百害あって一利なしの行為である。

われわれは、これらの国の哀れな醜態を注視し、このために生じる破局的結果に対しては米国とそれに追随した国々が全責任を負うことになるであろう。

米国が国際的な反共和国孤立・圧殺策動を執ように追求しながら裏ではいわゆる対話問題を取り上げることこそ言語道断である。

米国の対朝鮮敵視政策はいかなる対話とも絶対に両立しないというのがわれわれの立場である。

われわれは今後、われわれの自衛的核抑止力を米国の対朝鮮敵対行為が強行されるだけに連発的に、多発的に、質量共にいっそう強化することになるであろう。

    関連記事