北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、29日に開かれた最高人民会議第13期第4回会議で、国務委員会委員長に推戴されたと、朝鮮中央テレビが報じた。

朝鮮中央テレビでは、楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)最高人民会議常任委員会副委員長が、国防委員会第1委員長を朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長とし、国防委員会を国務委員会に改編したとする旨の発言を行った模様だ。

これまで、北朝鮮の最高機関だった国防委員会に新設の国務委員会がとって代わり、正恩氏がそのトップである国務委員長に推戴されたということだ。

また、国務委員会の副委員長には、崔龍海(チェ・リョンヘ)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)の3氏が就任した。

粛清で批判封じ

金正恩氏は就任以来、祖父から続く粛清政治で体制固めをはかってきた。

今年5月6日に36年ぶりの朝鮮労働党大会が開幕したときには、公の場で正恩氏を批判しようなどという空気は、北朝鮮国内のどこにもなくなっていた。


同時に正恩氏は、党大会での報告で、北朝鮮と朝鮮労働党の歴史を意のままに解釈。異を唱えられなかった幹部らは「踏み絵」をさせられたようなもので、今後はいっそう、正恩氏に服従せざるを得なくなった。

残ったのは、父から受け継いだ権力機関である国防委員会を、「正恩デザイン」の組織に変えることだけだった。

弱冠30代前半で、父から帝王学を学ぶ十分な時間もなかったと見られている正恩氏だが、権力に対する動物的とも言える勘を武器に、わずかな時間で独裁の足場を固めたと言える。(デイリーNKジャパン編集長 高英起)

    関連記事