北朝鮮の金正恩党委員長は、中長距離戦略弾道ミサイル「火星(ファソン)10」の発射実験の関係者らと記念写真を撮った。

「火星10」試射に寄与したメンバーと記念写真を撮った金正恩氏(2016年6月29日付労働新聞より)
「火星10」試射に寄与したメンバーと記念写真を撮った金正恩氏(2016年6月29日付労働新聞より)

記念撮影の日時は不明。29日、朝鮮中央通信が配信した。火星10とは22日に発射された中距離弾道ミサイル・ムスダンと見られる。

同通信は「(金正恩氏は)わが軍隊と人民には必勝の信念を与え、敵対勢力には恐ろしい恐怖を浴びせた偉勲者たちを祝い、彼らと共に記念写真を撮った」と報じた。

「火星10」試射に寄与したメンバーと記念写真を撮った金正恩氏(2016年6月29日付朝鮮中央通信より)
「火星10」試射に寄与したメンバーと記念写真を撮った金正恩氏(2016年6月29日付朝鮮中央通信より)

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

金正恩元帥が「火星10」試射の成功に寄与したメンバーと共に記念写真を撮る

【平壌6月29日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥は、チュチェ朝鮮の国防力を全面的に強化するうえで大きな意義を持つ地対地中・長距離戦略弾道ロケット「火星10」試射の成功に寄与したメンバーと共に記念写真を撮った。

金正恩元帥が撮影場に到着すると、すべての参加者は元帥に最大の栄光と最も熱烈な感謝をささげながら熱狂的に歓迎した。

金正恩元帥は、満面に明るい微笑を浮かべて手を振りながら参加者に温かいあいさつを送った。

金正恩元帥は、地対地中・長距離戦略弾道ロケットの試射を成功裏に断行して朝鮮労働党の決心はすなわち、朝鮮の実践であるという真理を再び実証してわが軍隊と人民には必勝の信念を与え、敵対勢力には恐ろしい恐怖を浴びせた偉勲者たちを祝い、彼らと共に記念写真を撮った。

金正恩元帥は、国防科学部門の科学者、技術者、労働者と幹部が国防科学の研究と軍需生産において新しい奇跡を生み出し、革新を起こすとの期待と確信を表明した。

    関連記事