北朝鮮の朝鮮中央通信は、同国外務省が28日、アジア諸国の駐朝外交代表らを集め情勢ブリーフィングを行ったと報じた。

情勢ブリーフィングの類は随時行われていると思われるが、北朝鮮メディアが報道するのは珍しい。韓国政府が北朝鮮の友好国に外交攻勢をかけていることに、対抗する意味があると見られる。

同通信によれば、ブリーフィングにはラオス、カンボジア、マレーシア、インドネシア、イラン、インドの各大使とモンゴル、ベトナム、パキスタンの各臨時代理大使が参加。

外務省アジア・大洋州総局の崔希鉄(チェ・ヒチョル)総局長が、「最近、米国がわれわれの核施設と核戦力に対する『精密空襲作戦』計画を公開したのに続き、原子力潜水艦『ミシシッピ』号をはじめ各種の戦略資産を朝鮮半島とその周辺に引き入れて」いるなどとして、朝鮮半島情勢の悪化は米国に責任があると強調した。

同通信の報道全文は次のとおり。

【平壌6月28日発朝鮮中央通信】28日、朝鮮外務省は駐朝アシア諸国の外交代表のために最近の朝鮮半島情勢に関連するブリーフィングを催した。

ブリーフィングには、駐朝ラオス、カンボジア、マレーシア、インドネシア、イラン、インドの各大使とモンゴル、ベトナム、パキスタンの各臨時代理大使が参加した。

朝鮮外務省アジア・大洋州総局の崔希鉄総局長が、最近の朝鮮半島情勢に関連する共和国の原則的立場を通報した。

崔総局長は、最近、米国がわれわれの核施設と核戦力に対する「精密空襲作戦」計画を公開したのに続き、原子力潜水艦「ミシシッピ」号をはじめ各種の戦略資産を朝鮮半島とその周辺に引き入れて朝鮮半島情勢を最悪の状況へと追い込んでいることについて述べた。

そして、朝鮮半島の緊張激化の根本原因は、米国がいまだにゆがんだ見解を持っているところにあり、今回も米国はきわめて軽率で戦略的に大きく間違った決心を下したと語った。

また、米国の絶え間ない武力増強によって国家の最高の利益が脅かされ、情勢が統制不可能な状況に流れている状態で、共和国は今後も並進の旗印をいっそうしっかりとらえて先制核攻撃能力を持続的に拡大していき、多様な戦略攻撃兵器を引き続き研究、開発して実戦に配備すると強調した。

さらに、アジア諸国が朝鮮半島の緊張を激化させる張本人も米国であり、朝鮮民主主義人民共和国を絶え間なく物理的抑止力強化へと進ませているのもほかならぬ米国であることをはっきりと銘記し、朝鮮半島の緊張緩和に役に立つことをしなければならないと述べた。

ブリーフィングは、駐朝アシア諸国の外交代表らが米国の好戦的かつ極悪非道な対朝鮮核威嚇・恐喝策動が朝鮮半島の情勢緊張の根源になるということについてより深く理解する重要な契機となった。―――

    関連記事