人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

そして、朝鮮半島の緊張激化の根本原因は、米国がいまだにゆがんだ見解を持っているところにあり、今回も米国はきわめて軽率で戦略的に大きく間違った決心を下したと語った。

また、米国の絶え間ない武力増強によって国家の最高の利益が脅かされ、情勢が統制不可能な状況に流れている状態で、共和国は今後も並進の旗印をいっそうしっかりとらえて先制核攻撃能力を持続的に拡大していき、多様な戦略攻撃兵器を引き続き研究、開発して実戦に配備すると強調した。

さらに、アジア諸国が朝鮮半島の緊張を激化させる張本人も米国であり、朝鮮民主主義人民共和国を絶え間なく物理的抑止力強化へと進ませているのもほかならぬ米国であることをはっきりと銘記し、朝鮮半島の緊張緩和に役に立つことをしなければならないと述べた。

ブリーフィングは、駐朝アシア諸国の外交代表らが米国の好戦的かつ極悪非道な対朝鮮核威嚇・恐喝策動が朝鮮半島の情勢緊張の根源になるということについてより深く理解する重要な契機となった。―――

    関連記事