人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

【平壌6月28日発朝鮮中央通信】28日、朝鮮外務省は駐朝アシア諸国の外交代表のために最近の朝鮮半島情勢に関連するブリーフィングを催した。

ブリーフィングには、駐朝ラオス、カンボジア、マレーシア、インドネシア、イラン、インドの各大使とモンゴル、ベトナム、パキスタンの各臨時代理大使が参加した。

朝鮮外務省アジア・大洋州総局の崔希鉄総局長が、最近の朝鮮半島情勢に関連する共和国の原則的立場を通報した。

崔総局長は、最近、米国がわれわれの核施設と核戦力に対する「精密空襲作戦」計画を公開したのに続き、原子力潜水艦「ミシシッピ」号をはじめ各種の戦略資産を朝鮮半島とその周辺に引き入れて朝鮮半島情勢を最悪の状況へと追い込んでいることについて述べた。

    関連記事