韓国・ソウルで27日、北朝鮮人権に関するシンポジウムが開催された。このなかで、専門家から「北朝鮮の人権問題は構造的に見るべき」という指摘が相次いだと、韓国の聯合ニュースが報じた。

シンポジウムは、延世大学ヒューマン・リバティセンターと北韓反人道犯罪撤廃国際連帯(ICNK)が、国連北朝鮮人権事務所のオープン1周年記念に際して、開催した。

与正氏の責任追及も

このなかで、「誰が責任を取るべきか」というトークセッションで、米国のNGO「北朝鮮人権委員会」のグレッグ・スカラチュー事務総長は、朝鮮労働党や国家安全保衛部(秘密警察)、政治犯収容所の責任者の責任を指摘し「責任の所在はよく把握している」と述べた。