北朝鮮の最高人民会議常任委員会は24日、朝鮮人民軍で弾道ミサイルの運用を担当する戦略軍の創設日に当たる7月3日を、「共和国戦略軍節」に制定する政令を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信は、故金正日総書記が1999年7月3日に戦略軍の前身である戦略ロケット軍を創設したと説明し、「自衛的核抑止力を強化するための強固な土台を築いた」としている。

同通信の報道全文は次のとおり。

【平壌6月25日発朝鮮中央通信】共和国戦略軍節を制定することに関する最高人民会議常任委員会の政令が24日、発表された。

政令は、次のように指摘した。

英雄的朝鮮人民軍戦略軍は、日ごとに露骨になる米帝と敵対勢力の核戦争挑発ヒステリーを制圧、粉砕し、祖国と民族の千年、万年の未来をしっかり裏付ける朝鮮労働党の頼もしい核戦力である。

早くも、金日成主席が提示したチュチェのロケット兵力建設思想を立派に継承、発展させてきた金正日総書記は1999年7月3日に独自の軍種である戦略ロケット軍を創設して自衛的核抑止力を強化するための強固な土台を築いた。

金正恩元帥は、主席と総書記の崇高な志を体して現情勢と現代戦の要求に即して朝鮮人民軍戦略軍のチュチェの火力打撃戦法を明示し、精力的な指導で戦略軍を小型化、精密化された核打撃手段を備えた強力な軍種に強化発展させた。

白頭山の不世出の偉人たちの指導の下で、朝鮮人民軍戦略軍は党の唯一的軍指導体系が確立した思想と信念の強兵、地球上のどこにある侵略の本拠地も一気に焦土化することのできる無敵必勝の戦闘隊伍に成長、強化された。

政令は、金正日総書記が朝鮮人民軍戦略軍を組織してくれた1999年7月3日を意義深く記念するために、この日を朝鮮民主主義人民共和国戦略軍節に決定すると明らかにした。---

    関連記事