北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、中長距離戦略弾道ミサイル「火星(ファソン)10」の発射実験が「成功裏に行われた」と報じた。金正恩党委員長が現地指導した。実験の日時は明らかにされていないが、22日の中距離弾道ミサイル・ムスダン発射を指すとみられる。

移動式発射台から打ち上げられた「火星10」弾道ミサイル(2016年6月23日付労働新聞)
移動式発射台から打ち上げられた「火星10」弾道ミサイル(2016年6月23日付労働新聞、以下同)

同通信は、発射実験は最大射程を想定して高角度で行われ、「自走発射台を離脱した弾道ロケットは予定飛行軌道に沿って最大頂点高度1413.6キロメートルまで上昇飛行して400キロメートル前方予定の目標水域に正確に着弾した」としながら、大気圏再突入時の弾頭部の耐熱性も「検証された」と報じている。

金正恩氏は実験の結果を受け、太平洋地域の米軍を「全面的かつ現実的に攻撃できる確実な能力を備えるようになった」と指摘。また、「わが国家の核攻撃能力をよりいっそう強化する重要な契機になった」として、同ミサイルが核弾頭の運搬手段であることを改めて示した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。