北朝鮮の労働新聞は21日、「米国の核戦争に対して万端の準備ができている」と主張する論評を掲載した。

論評は「米国が『精密空襲作戦』のような核戦争策動に狂奔しても、われわれは絶対に驚かない」としながら「われわれは、米帝が強要する核戦争に対処する万端の準備ができている」と強調した。

さらに、「米国に最終的破滅を与えるための未曾有の超強硬対応戦をより果敢に繰り広げていくであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。