「労働新聞」共和国は米帝が強要する核戦争に対処する万端の準備ができている

【平壌6月21日発朝鮮中央通信】数日前、われわれの核および軍事施設に対する「精密空襲作戦」計画を作成した米国の核狂信者らは今、それを実践に移すための実動演習に狂奔している。

去る17日、グアムにある米帝侵略軍第8航空軍所属B52H戦略爆撃機編隊が遠距離航法飛行および戦略対象物打撃訓練の美名の下、南朝鮮の上空に飛来して核爆弾投下演習に狂奔した。

これに先立って、13日には相手側に核攻撃を加えられる「ミシシッピ」号原子力潜水艦が南朝鮮の釜山港に入港した。

21日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、米国がわれわれの核および軍事施設に対する「精密空襲作戦」計画を作成するやいなや、核戦争装備を送り込んだのは核戦争策動を実践の行動に移そうと非常に急いでいるということを実証すると暴いた。

    関連記事