北朝鮮で「家電ブーム」が起きているという。きっかけは5月に開催された朝鮮労働党第7回大会だった。先月の党第大会直前、デイリーNKは参加者に記念品として配る予定の「お菓子セット」を独占入手し、本欄でも詳細を報じた。

しかし、なぜ労働党大会をきっかけに「家電ブーム」が起きているのか。

ZARAやナイキも大人気

かつて、金日成時代に開催された党大会(最後の大会は1980年)では、参加者にカラーテレビが配られていた。その時の記憶のせいか、日本製、例えば「ナショナル(現パナソニック)」や「日立」のテレビが「長持ちして質がいい」というブランドイメージを抱く北朝鮮の年配者は多い。

こうした過去の経緯、そして、今回の大会が36年ぶりということもあってか、一部からは「党大会で、みんなに45インチの高級液晶テレビ、冷蔵庫、パソコンが配られる」という噂が流れていた。

しかし、いくら北朝鮮の経済が上向きになっているとはいえ、さすがに液晶テレビが配られることはないだろうと筆者も思っていたのだが、実際に、中国製の液晶テレビがプレゼントされた。金正恩党委員長の大判振る舞いに驚きだ。

そして、これが幹部とトンジュ(金主)と呼ばれる新興富裕層の購買欲に火を付けるのだが、彼らが欲しがるのは、なんと「メイド・イン・ジャパン」の液晶テレビ。デイリーNKの内部情報筋は次のように打ち明けた。

「最新型テレビが富の象徴の一つになりつつある。なかでも、中国を通じて輸入される日本のソニーが最も人気だ。その次が、韓国LG、そしてサムソンだ」

情報筋によると、今ではテレビだけでなく、エアコン、空気浄化機、除湿機などの家電製品の人気も高まり、平壌ー北京を繋ぐ国際列車の荷物車両は食品より、家電製品でぎっしり詰まっているという。

北朝鮮で「ソニー」が一番人気で、韓国製が二番手、そして中国製がその後に続くというのも意外な話ではない。

高級幹部やトンジュの家庭の子どもたちは、整形を厭わずZARAなどのファストファッションを好む。さらに、マダムたちは美容のための牛乳風呂、はては覚せい剤ダイエットにまで手を出すというほどの驚くべき贅沢ぶりだ。付け加えると、最高指導者の金正恩党委員長、そして故金正日総書記が、敵国である米国ブランド「アップルコンピュータ」のファンだった。


そのうち、金正恩氏がコカ・コーラ、いやスターバックスのラテを片手に「アメリカ帝国主義に無慈悲な鉄槌を!」と叫ぶ日が来るのかもしれない。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事