海外に派遣された北朝鮮労働者の人権が著しく侵害されていることは、すでに国際社会の知るところとなっているが、ロシアの建設現場では、労働者の身体に危害が加えられるなどの極めて深刻な事態が起きていることがデイリーNKの取材で明らかになった。

現地の情報筋によると、今年のはじめにロシアのハバロフスクである北朝鮮労働者が現場から逃走する事件が発生した。この労働者は現場のそばの教会に身を隠していたが、発見され、監視役として派遣されていた国家安全保衛部員(秘密警察)に連行された。

彼は見せしめのためひどい暴行を受けた末に、骨と皮だけになって、足を包帯でぐるぐる巻きにされた状態でどこかに連れて行かれた。おそらく北朝鮮に強制送還され、家族もろとも収容所送りになったものと思われる。

想像を絶する虐待

このような「見せしめ」は決して珍しいことではない。