北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は19日、アフリカの友好国・ウガンダが両国の軍事協力を打ち切ったことについて、契約の満期終了に伴うものだと弁明した。

これは、韓国の朴槿恵大統領やトーマス・カントリーマン米国務次官補(国際安全保障・不拡散担当)が最近、アフリカ諸国を訪問し、北朝鮮への「制裁包囲網」形成に協力を呼びかけたことをけん制するものだ。

単なる親の七光り

報道官はまた、「われわれとアフリカ諸国間の友好と協力の伝統は、それらの国の独立闘争と新社会建設の初期から形成され、強化発展してきた長久かつ歴史的なもので、自主と平等、相互尊重に基づく互恵的協力を通じていっそう強固になっている」と主張している。 しかし、本当にそうだろうか? これまでの友好関係は、単なる「親の七光り」だったのではないか?

確かに北朝鮮とアフリカ諸国の間に、そうした関係がまったくなかった訳ではない。