北朝鮮の労働新聞は19日、論評を通じて「(北朝鮮が)南朝鮮民間企業の軍需産業関連資料を窃取した」という韓国の主張を否定した。

論評は、「(韓国は)ハッキング事件が起こるたびに無鉄砲に『北の所業』と唱えて謀略に狂奔した」としながら「すべてが同族対決に狂った連中のねつ造劇」だと強調。

さらに、「かいらい一味がいくら青筋を立てて『北のサイバーテロ』説を流しても、それにだまされる人はいない」と、主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

「労働新聞」「北のサイバーテロ」説を持ち出した南朝鮮かいらい一味の下心を暴露

【平壌6月19日発朝鮮中央通信】数日前、南朝鮮のかいらい警察はわれわれが南朝鮮民間企業の軍需産業関連資料を窃取したという途方もないほらを吹き、いわゆる「北のサイバーテロ」に対する「備え策の講じと保安強化」についてけん伝した。

19日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これはわれわれに「サイバーテロ」のレッテルを張り付け、それを口実にして同族対決騒動を極大化するためのもう一つの挑発茶番劇であると暴いた。

論評は、かいらいがハッキング事件が起こるたびに無鉄砲に「北の所業」と唱えて謀略に狂奔したが、結局、そのすべてが同族対決に狂った連中のねつ造劇に判明して赤恥だけをかいたとし、次のように強調した。

テロに対する住民の不安心理を悪用してわれわれを謀略にかけて害し、同族に対する敵対機運を口を極めて鼓吹することによって、大勢に逆行する自分らの反共和国対決騒動を合理化し、よりいっそう強めると同時に、内外で日ごとに高まる北南関係改善の要求を踏みにじろうとするのが、かいらい一味の腹黒い下心である。

執権勢力自体が「政権」安保と権力維持のために卑劣にサイバーテロ犯罪にはばかることなく執着しているのだから、南朝鮮社会の全般がサイバーテロの乱舞場と化し、至る所で絶えずさまざまなハッキング事件が起きているのは当然なことである。

今回、南朝鮮当局がいわゆる「北のサイバーテロ」説を持ち出した裏面にはまさに、この世界的なサイバーテロ犯罪の巣窟である南朝鮮の汚い姿を覆い、世論の耳目をわれわれにそらして不純な野望を実現しようとする謀略家らの三文の値打ちもない計略が潜んでいる。

かいらい一味がいくら青筋を立てて「北のサイバーテロ」説を流しても、それにだまされる人はいない。

    関連記事