国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が北朝鮮の人権状況を監視するため、韓国・ソウルに北朝鮮人権事務所を開設してから23日で丸1年になる。

同事務所の役割は、北朝鮮の人権状況を監視、記録し、重大な人権犯罪の証拠を保存することだ。

虐殺事件も

北朝鮮の人権問題を担当する国連のダルスマン特別報告者は今年3月の国連人権理事会で、金正恩党委員長ら北朝鮮の指導者を「人道に対する罪」に問う可能性を指摘しながら、この問題の国際刑事裁判所(ICC)への付託にも言及。