資本主義化が猛スピードで進む北朝鮮で、経済の牽引役となっているのが「トンジュ(金主)」と呼ばれるニューリッチたちだ。彼らは、小売、貿易、運送、貿易業、さらには不動産に投資し、莫大な利益を上げ、北朝鮮当局はその一部を「忠誠の資金」として吸い上げる。つまり、北朝鮮当局とトンジュは、持ちつ持たれつの関係を築いているわけだ。

整形から覚せい剤ダイエットまで

国家権力と手を組んで成り上がったトンジュたちは莫大な財産を築いた。