北朝鮮人権問題に関する国連特別報告者のマルズキ・ダルスマン氏が、人権問題をめぐり金正恩(キム・ジョンウン)体制に不信感を表した。

ダルスマン氏は12日、韓国の聯合ニュースとのインタビューのなかで、北朝鮮の人権問題について「体制まで含めた全システムの問題だ」と指摘。さらに、女性や子ども、障害者、高齢者など社会的弱者にアプローチしながら、国際社会との信頼関係を築くことが人権問題を改善できる効果的な方法と述べたという。

児童への性犯罪も

北朝鮮で最も知られている人権侵害といえば、政治犯収容所、そして衆人のまえで無慈悲に銃殺される公開処刑がる。記憶に新しいところでは、昨年5月、玄永哲元人民武力相(国防大臣にあたる)が公開銃殺され、金正恩党委員長の残忍さを世界に知らしめた。

(参考記事:北朝鮮の「公開処刑」はこうして行われる

こうした問題もさることながら、女性や子どもなど、社会的弱者に対する人権侵害に積極的に取り組む姿勢を見せたダルスマン氏の功績は評価できる。