クウェートの建設現場で働く北朝鮮労働者が、ストライキや抗議活動を行っていたことが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

RFAの取材に応じた情報筋によると、ストが起きたのは昨年12月のことだ。北朝鮮の建設会社が労働者に「資金繰りが苦しい、給料は手形で支払い、北朝鮮帰国後に現金化する」と説明したところ、労働者が激しく反発してストを起こしたという。

また、今年3月には、北朝鮮建設会社の幹部が、「朝鮮労働党第7回大会に向けて外貨稼ぎに励もう」との話をしたところ、労働者たちが「給料をまともに払え」と反発し、抗議活動を行った。

収容所送りか

さらに、カタールの首都ドーハでは先月、北朝鮮当局の搾取に耐えかねた労働者2人が、カタールの警察署に逃げ込む事件も起きている。