パキスタン駐在の北朝鮮外交官が、酒類を違法に大量購入して摘発されたことが明らかになった。米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。

この外交官は、パキスタンのカラチにある北朝鮮貿易参事部に勤務するコ・ハクチョル三等書記官だ。

情報筋によると、コ氏は昨年5月27日午後8時半ごろ、「CC-66-06」ナンバーの外交官車両を運転し、立ち寄ったカラチ市内のジェネラル・ボンド免税店で、法で定められた量を超える酒類を購入した。車に載せて駐車場を出ようとした瞬間に、現地の税務警察に呼び止められた。

危険行為で連行

税務警察はパキスタン政府発行の酒類購入証明書の提示を要求したが、コ氏は一般の酒類免税購入承認書類を見せて、酒類の購入は外交官特権であると主張した。書類に記載されていないウィスキー、ウォッカなどが大量に積まれているのを発見した税務警察は、コ氏に任意同行を求めた。