北朝鮮の労働新聞は5日、個人筆名の論評を通じて、日本政府は過去を誠実に清算すべきと主張した。

これに先立ち北朝鮮は、「(日本は)過去の罪悪を反省、謝罪し、統一を妨害してはならない」と主張し、菅義偉官房長官が、「一方的なものとして受け入れられない」「(北朝鮮は)非核化を実現しなければならない」と反論していた。

論評は、官房長官の反論を「笑止千万な言い分」「日本反動層の破廉恥性と道徳的低劣性がいかなる有様にまで至ったのかを見せつける妄言」と、非難した。

また、「いったい日本はいつまでも卑劣な悪巧みとごり押しを続けようとするのか問わざるを得ない」としながら、「朝鮮に対する侵略と略奪の厳然たる歴史を黒幕の中に葬り去ろうとする日本反動の愚かな凶心の発露、その策動の延長としか評価できない」と強調した。