中国の習近平共産党総書記は1日午後、北京の人民大会堂で、中国を訪問中の北朝鮮の外交トップ、李スヨン朝鮮労働党副委員長と、およそ30分間会談した。

習氏は李氏ら北朝鮮代表団の訪中を歓迎。李氏も中朝の伝統的な友好関係を発展させようとする金正恩党委員長のメッセージを伝えたようだが、北朝鮮の核開発続行の意思は固く、この問題では両者間の溝の深さがむしろ明らかになったようだ。

米軍の「斬首部隊」

一方、北朝鮮の朝鮮中央テレビはこの日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など新兵器類の試射場面をまとめた特集映像を公開した。対艦ミサイル、大口径多連装ロケット、地対空ミサイル、スカッドC短距離弾道ミサイル、対戦車ミサイル、潜水艦発射弾道ミサイルなどの発射場面が次々と流れ、1月の「水爆実験の成功」も強調されている。

(参考記事:【動画】北朝鮮、新兵器試射の特集映像を公開…習近平氏との会談日程に合わせ

習氏との会談日程に合わせたものであるのは明らかだ。