訪中している朝鮮労働党中央委員会の李洙墉(リ・スヨン)副委員長は5月31日、北京の釣魚台国賓館で中国共産党の宋涛対外連絡部長と会談。また同日には、朝鮮労働党代表団のための宴会が開かれた。朝鮮中央通信が6月1日、配信した。

同通信によると李氏は、中国側に「金正恩同志が経済建設と核戦力建設を並進させる戦略的路線を恒久的にとらえて朝鮮半島と地域の平和と安全を守っていくという朝鮮労働党の原則的な立場を闡(せん)明した」と、今後も核開発を継続する意思を明確に伝えた。

これに対して、中国の宋氏は、「中国共産党は両党、両国の老世代指導者たちがもたらし、開花させた貴重な富である伝統的な中朝友好関係を高度に重視し、新しい環境に合わせてより強化発展させていく」と述べるに留め、核問題に関する言及は避けた。

金正恩党委員長の最側近であり、メッセンジャーともいえる李氏が、中国側に改めて「核開発」の意思を示したことにより、今後の中国側の対応が注目される。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮労働党代表団団長が中共中央委対外連絡部長と会見

【平壌6月1日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党代表団団長として中国を訪れている朝鮮労働党中央委員会政治局委員である党中央委員会の李洙墉副委員長は5月31日、北京の釣魚台国賓館で中国共産党中央委員会の宋涛対外連絡部長に会って談話を交わした。

李洙墉副委員長は談話で、歴史的な朝鮮労働党第7回大会で金正恩同志を全党員と人民軍将兵、人民の一様な意思と念願をこめて朝鮮労働党委員長に推戴したと語った。

また、金正恩同志が朝鮮労働党第7回大会の報告で、総括期間に金日成・金正日主義旗印の下で朝鮮労働党と軍隊と人民が収めた輝かしい勝利と成果を全面的に総括し、社会主義偉業を完成するための戦略的路線と闘争課題を明らかにしたことについて通報した。

そして、金正恩同志が経済建設と核戦力建設を並進させる戦略的路線を恒久的にとらえて朝鮮半島と地域の平和と安全を守っていくという朝鮮労働党の原則的な立場を闡(せん)明したことについて強調した。

宋涛対外連絡部長は、朝鮮労働党第7回大会が成功裏に行われ、金正恩同志が朝鮮労働党の委員長に推戴されたことについて中国共産党の名義で再度熱烈な祝賀を送ると強調した。

また、中国の党と政府は金正恩委員長同志を首班とする朝鮮労働党と人民が自己の実情に合う発展の道へ前進することを確固不動のごとく支持し、朝鮮労働党第7回大会が提示した雄大な目標を立派に実現して社会主義の建設でさらなる成果を収めることを心から願うと語った。

そして、中国共産党は両党、両国の老世代指導者たちがもたらし、開花させた貴重な富である伝統的な中朝友好関係を高度に重視し、新しい環境に合わせてより強化発展させていくと確言した。

宋涛部長は、尊敬する金正恩委員長同志に自身の心からのあいさつを伝えてくれることを頼んだ。

これには、朝鮮労働党代表団員、中国駐在朝鮮大使と中国共産党中央委員会のメンバーが参加した。

同日、朝鮮労働党代表団のための宴会があった。

    関連記事