北朝鮮の朝鮮労働党の機関誌「労働新聞」は31日、オバマ米大統領が現職米大統領として、はじめて広島を訪問したことを非難する記事を掲載。同日、朝鮮中央通信が配信した。

同紙は、軍事論評員の記事「広島に広げられたオバマと安倍の鼻持ちならない仮面劇の真相を論ず」を通じて、オバマ氏の「核兵器のない世界をつくる」という主張は、「他国の核兵器保有を阻み、ただ米国だけが核独占国家にならなければならないという、実に破廉恥な強盗の論理」と指摘した。

また、安倍首相に対して「今回の仮面劇には、日本反動政府の首相安倍晋三が相手役として登場したので、より内外の苦い嘲(ちょう)笑を買った」「米国の首かいを『上司』、『恩人』に仕えたあげく、神頼みにして奴僕のように卑屈に振る舞った」と非難した。

記事は最後に「歴史の節目に広島仮面劇と烙(らく)印が押されたオバマと安倍の醜態は、いつまでも万人の呪いと嘲(ちょう)笑を免れなくなるであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」広島に広げられたオバマと安倍の鼻持ちならない仮面劇の真相を論ず

【平壌5月31日発朝鮮中央通信】31日付の「労働新聞」は軍事論評員の記事で、オバマの広島訪問は米帝が働いた大殺りく蛮行に対する謝罪の訪問ではなかったし、安倍の「招請式」主管劇も決して、過去の大陸侵略に対する骨身に染みる反省のためのものではなかったと強調した。

記事は、侵略と戦争の元凶である米帝と再侵略野望に血眼になった日本反動国家の両首かいが広島で見せた鼻持ちならない仮面劇の真相について論じた。
今回の広島仮面劇の主役は、オバマであった。

5月27日、広島の「平和記念公園」を訪れたオバマは「慰霊碑」に献花し、集まった人々の前で核兵器を使用した唯一の国家である米国として、核兵器除去努力の先頭に立つべき「特別でありながらも道義的な責任感」があるという内容の演説を行った。

この発言を吟(ぎん)味してみれば、米国こそ人類の利益のために核兵器を使用した国であるので、世界最大の核国家になるのは当然だということである。
オバマは続けて、今回の訪日を通じて「核兵器のない世界」をつくるという抱負に対するメッセージを国際社会に伝えたと言った。

これもやはり、他国の核兵器保有を阻み、ただ米国だけが核独占国家にならなければならないという、実に破廉恥な強盗の論理であった。

広島の「平和記念公園」を「参観」し、原爆資料館も訪れたが、オバマは今回の訪問が謝罪のためではなく、「追慕のための旅」であるとはばかることなく公言した。

正義と真理を愛する人類を安物の観客とした今回の仮面劇には、日本反動政府の首相安倍晋三が相手役として登場したので、より内外の苦い嘲(ちょう)笑を買った。

それは、原爆使用国の現職大統領を広島に招き入れる場合、日本を世界で唯一に核惨禍を被った残酷な「被害者」に完全に変身させ、戦犯国家の戦争の責任と補償という重い足かせも脱ぎ捨てられるのであった。

安倍が米大統領の訪日日程が発表される前から公式の席上に現れてオバマの執権期間の「治績」について大げさに称揚し、日本訪問の全期間につねにありがたいという表情で「歓迎式」「夕食会」などとして奔走したのは、そのためであった。

米国の首かいを「上司」、「恩人」に仕えたあげく、神頼みにして奴僕のように卑屈に振る舞ったのは、日本の人々につらい恥辱をもう一度強要する罪悪の中の大罪だと言わざるを得ない。

記事は、広島仮面劇はオバマと安倍が共和国の自衛的な核抑止力を謗ったことによって、いっそう無様な茶番劇になったとし、次のように強調した。

オバマは今回の広島訪問を通じて、侵略野望の実現のためなら、わが共和国を第2の広島につくるのもためらわない奸悪な核戦争の悪巧みもはばかることなくさらけ出した。

25日、初の訪日日程としてオバマは、安倍と共同記者会見を開いた席で、わが共和国が核兵器の開発と拡散のような「挑発」をしており、「核兵器のない世界」の実現において「最大の障害」、北東アジア地域と米国、そして世界に対する「脅威」になると悪意に満ちて謗った。

27日にはまたもや、「北朝鮮が大きな懸念の種」だとして不安な気持ちをあらわにした。

オバマが核爆弾を投下した所でわが共和国に言い掛かりをつけて核脅威と恐喝を合理化したのは、今後、核戦争を辞さないとする白昼強盗さながらの米帝の腹黒い下心をありのまま示している。

オバマと安倍は、はっきりと認識すべきである。

広島は、核犯罪国家の罪を伏せてやり、核独占支配主義を鼓吹する場所にはなりえず、特に軍国主義馬車に拍車をかけて大陸侵略の道へ進む通行証になるわけにはいかない。

歴史の節目に広島仮面劇と烙(らく)印が押されたオバマと安倍の醜態は、いつまでも万人の呪いと嘲(ちょう)笑を免れなくなるであろう。

    関連記事