北朝鮮では、先月開催された朝鮮労働党第7回大会を前にして大増産運動「70日戦闘」が展開された。住民は、連日、建設現場などに大々的に動員され、市民経済と生活面で様々な悪影響が表れた。

70日戦闘は5月2日に終わったが、北朝鮮当局は、今度は「200日戦闘」を行うと宣言した。期間は、6月1日から金正日総書記の命日である12月17日までだ。

200日戦闘は、党大会で金正恩党委員長が提示した国家経済発展5ヵ年戦略を実現するためのキャンペーンと見られる。しかし、具体的な数値、期間などは示されず、聞こえてくるのは「総動員」「決死貫徹」などのスローガンばかりだ。