北朝鮮の平壌科学技術大学のキャンパス内ではGoogleやYoutubeなどへのアクセスが可能であるという。同大学の名誉総長が、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)とのインタビューで明らかにしたものだ。

インタビューに答えたのは、米国国籍のパク・チャンモ名誉総長。平壌科学技術大学は、北朝鮮の教育省と韓国の社団法人「東北アジア教育文化協力財団」の共同投資で設立された北朝鮮初の私立大学だ。

平壌郊外に位置する楽浪(ランラン)区域の勝利洞(スンリドン)にあり、敷地は100万平米。米国やカナダのキリスト教財団の支援を受けていることもあって、敷地内には教会がある。

パク名誉総長によると、平壌科学技術大学は、北朝鮮で唯一、大学院生や教授がインターネットにアクセスする許可を得た大学だ。無線ではなく有線でアクセスする。米国の各大学の電子図書館はもちろん、Google、Youtube、ウィキペディアにもアクセス可能だ。

趣味や娯楽はダメ

ただし、ネット利用は研究目的に限られている。