北朝鮮の金正恩第1書記は7日、朝鮮労働党第7回大会の活動総括報告を行った。朝鮮中央通信が8日付で配信した。

韓国の聯合通信をはじめ、一部のメディアは、金正恩氏が「責任ある核保有国として不拡散の義務を忠実に履行し、世界の非核化に努力する」と述べたとしながら、はじめて非核化に言及したと報じた。

一方、金正恩氏は、「我が共和国が尊厳高い自主の大国、核大国の地位に堂々と立っただけに、それに合わせて対外関係を発展させていかなければなりません」と、核保有国であることを主張した。

また、「核抑止力を中枢とする自衛的軍事力を用意して、米国の戦争挑発策動をことごとく粉砕してしまうことで、朝鮮半島と世界の平和と安全を頼もしく守護しました」と、北朝鮮の核開発は、自衛的な核抑止力だと述べながら、次のように核開発の意思を強調した。

    関連記事