米国の核恐喝を撃退するためにわが共和国が核を保有してそれを法化し、新たな並進路線に従って絶えず強化するのはあまりにも当然なことである。 絶え間なく増大する米国の核脅威こそ、われわれを核抑止力の強化へ進ませた根本要因である。

「われわれを核抑止力強化へ進ませた根本要因」(2016年1月5日付 朝鮮中央通信論評より)

論評を目にした筆者も核実験を行うとはまったく予想しておらず、いささか唐突な感じを受けた記憶があるが、翌日の核実験に向けた予告だとすると腑に落ちる。1月6日というタイミングについてはナゾが残るが、金正恩氏の誕生日(1月8日)に向けた祝砲という意味合いも考えられる。

そして、4月30日と5月1日、朝鮮中央通信は核保有を正当化する二つの記事を配信した。まずは外務省スポークスマンの談話を一部抜粋して引用する。

    関連記事