北朝鮮が、今年1月6日に強行した核実験の影響で、核実験場付近を通る鉄道の施設が損傷。鉄道事故が多発していると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

事故が多発しているのは、平羅(ピョンラ)線の、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の吉州(キルチュ)駅と漁大津(オデジン)駅の区間と、白頭山青年線の、両江道(リャンガンド)白岩(ペガム)駅と嶺下(リョンハ)駅の区間だ。それぞれ30件と11件の事故が発生した。

現地情報筋によると、北朝鮮当局は、核実験直後に、咸鏡北道鉄道総局と白岩郡鉄道局に「線路とトンネルを徹底点検せよ」「列車は時速30キロ以下で徐行運転せよ」との指示を下した。