人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

鉄道省は昨年、「補修工事を急ぐべきだ」との内容の提案書を金正恩第1書記に提出したが、5月6日から始まる朝鮮労働党第7回大会に使う物品の輸送を優先させるべきだとの理由で、未だに工事が始まっていない。

党大会を控え、再度核実験が行われるのではないかとの見方が強まっているが、「もう一回やったらトンネルは使えなくなる」と情報筋は警告を発した。

    関連記事