「北朝鮮レストラン(以下:北レス)」に、リストラの嵐が吹き荒れている。先日、北レス従業員13人が集団脱北した。その背景には、北朝鮮の核とミサイルに対する国際社会の制裁、韓国政府の独自制裁による利用自粛などによる不況、それに加えて、従業員たちが海外情報に触れ、北朝鮮に絶望し、韓国での新しい生活を選択したことなどがある。

海外でのレストラン運営は完全に合法的なビジネスであり、北朝鮮の外貨獲得の柱のひとつとなってきたのだが、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国・丹東市内の北レスが、大々的なリストラを行い、営業規模を大幅に縮小しているという。

(参考記事:女性接待員が外貨を稼ぐ…「北朝鮮レストラン」の舞台裏

北レスとえいば、美貌のウェイトレスが有名だ。容姿端麗なウェイトレスの写真がネットで出回り、韓国の若者たちの間でアイドル並みの人気を博したほどだ。また、彼女らの歌や踊りも名物だったのだが、その時間すら減らし、コスト削減をはかっているという。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

さらには、RFAの情報筋の自宅前で毎日見られていた、北レス従業員15人の集団出勤が、ここ最近は、7~8人に減ったそうだ。