韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が23日午後6時半ごろに日本海で発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)について、実験に失敗した可能性もあるとみて分析を進めている。

合同参謀本部によれば、SLBMは咸鏡南道(ハムギョンナムド)新浦(シンポ)の北東沖で発射され、約30キロ飛行した。SLBMの最短射程とされる300キロより、極端に短い。ただ、これまでの発射と比べると飛距離は大幅に伸びており、「開発が進展している」(韓国軍関係者)との見方もある。

一方、北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、「大成功した」と伝えている。

核実験場でも動き

北朝鮮では続けて、5回目の核実験の準備も最終段階に至っている模様だ。

また、軍事関係筋によれば、北朝鮮北東部・豊渓里(プンゲリ)の核実験場では、大小のトンネル多数が塞がれて密閉状態が作られており、いつでも5回目の地下核実験を行える状態だという。

金正恩第1書記は3月、「核攻撃能力の信頼性をより高めるために、早いうちに核弾頭の爆発試験と核弾頭装着可能な数種類の弾道ロケット(ミサイル)の試射を断行する」と述べており、今月15日の中距離弾道ミサイル・ムスダンの初実験を含め、核戦力の本格配備に向けた動きを着々と進めている様子がうかがえる。

    関連記事