世界的に孤立していると思われがちな北朝鮮だが、現在162か国(国連加盟国数は193か国)と外交関係を結んでいる。全ての国ではないにしろ、外交官や外貨を稼ぐビジネスマンなど、海外駐在員たちが世界各国に存在する。

北朝鮮の海外駐在員たちは、やはり超エリートだ。先日、脱北した北朝鮮レストランの美貌のウェイトレスたちもそうだが、外国で海外情報に触れ、脱北の恐れがあるだけに、能力や実力だけでなく、「成分」と呼ばれる身分や血筋などが重要視される。

(参考記事:北朝鮮レストラン「美貌のウェイトレス」が暴く金正恩体制の脆さ(1)

そんな海外駐在員の一部で、次のような警告がささやかれているという。

「今、帰国するのは危険だ。絶対に帰国してはならない!」

匿名を要求した対北朝鮮情報筋が、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に明かしたエピソードだ。なぜ彼らは帰国を忌避しているのだろうか。

36年ぶりの朝鮮労働党第7回党大会を控えるなか、北朝鮮国内では住民統制が強化されている。国際環境が厳しいだけに、海外駐在員たちが帰国すれば当局に呼び出され、厳しい査問を受けるおそれがある。もし、そこで対応を誤れば粛清、いや最悪の場合、処刑がまっている。北朝鮮の残虐きわまりない処刑の恐ろしさを最も知っているのは、北朝鮮の人々だ。

(参考記事:北朝鮮の「公開処刑」はこうして行われる

駐在員たちが、帰国を忌避しはじめたきっかけは、2013年12月に起きた「張成沢処刑事件」だ。