北朝鮮出身の医師が、タンザニアに設立したクリニックでインチキ医療を行っていた問題で、タンザニア保健省はクリニック2ヶ所に対して即時閉鎖命令を出した。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

タンザニア保健省のハミス・キグァンガラ次官は15日、最大都市ダル・エス・サラームのカリアコーとマゴメニにある北朝鮮クリニックを突如訪問し、抜き打ち検査を行った。検査には、地元のテレビ局と新聞社8社の記者も同行した。

北朝鮮医師、呪術師と手を組んで「インチキ治療」

タンザニアの「ガーディアン」紙によると、抜き打ち検査の結果、2ヶ所のクリニックは、政府発行の事業許可証を取得しておらず、勤務する北朝鮮出身の医師は就業許可証を取得していなかったことが判明した。