北朝鮮の核実験と長距離弾道ミサイルの発射をめぐり、国連安保理で3月2日に採択された対北朝鮮制裁決議「2270」では、多額の現金を北朝鮮に持ち込むことを規制している。

これに対抗して、北朝鮮は現金を小分けにして職員に運ばせる手法などを使いながら「制裁破り」を行っているが、海外で摘発される事例が相次いでいる。

摘発され財務大臣に抗議

中国当局は3月4日、多額の現金を北朝鮮に持ち込もうとしていた北朝鮮人を摘発した。また、スリランカでも同様の事例が発生したと韓国の聯合ニュースが伝えた。