米CNNは13日、2人の米政府当局者からの情報として「初の移動式弾道ミサイル発射の準備をしているとみられる兆候を、米偵察衛星がとらえた」と伝えた。

続いて朝日新聞も13日、韓国国防相当局者からの情報として、「北朝鮮で中長距離の弾道ミサイルを発射する兆候がある」と報道。また、ミサイルは中距離のムスダン(射程3千キロ以上)や米国に届くKN-08(射程6千~1万2000キロ)などの可能性があるともしている。ムスダンもKN-08も、これまでに発射実験は行われていない。

北朝鮮が弾道ミサイルの発射を行う場合、その射程の長さに注目が集まる傾向がある。その理由は、「北朝鮮がいつ、米本土を核攻撃できるようになるか」が主眼となっているためだ。しかし、重要なのは射程の長さだけではない。

(参考記事:金正恩氏が日本を「核の射程」にとらえる日

しかし実際のところ、金正恩氏はミサイルを遠くまで飛ばす技術だけを追及しているわけではないはずだ。